プロテクションフィルムラインナップ

プロテクションフィルムラインナップ

プロテクションフィルム(クリアーシールド )

□ 自動車塗装を傷から守る゛クリアシールド″

> 一般的なカーフィルムに比べ、6倍の厚みから成り立つフィルムが、洗車時による細かな傷から飛び石などのダメージまでを幅広くガードします

また、クリアシールドは経年劣化に対して非常に強く、施工後数年経過しても接着層を塗装面に残さずフィルムを剥がすことができ、塗装面の代わりに痛ん

だフィルムが気になる場合は再施工も可能です。

□ 3次曲面に対応する高分子ポリウレタンフィルム

> クリアシールドは高分子ポリウレタンから成り立つ特性上、ペットフィルムでは不可能となる3次曲面形状に対応することが可能です。

このことから、ボンネットやバンパー、ドアノブやリアトランク周辺など、日常的に傷が付きやすい箇所全てに対応し、様々な要望にお応えすることが可能に

なります。

□ クリアシールドに装備される゛AKAトップコート″

> どのフィルムも施工直後は綺麗な仕上がりです。しかし、施工後から数か月~数年経過してしまうと右写真例の様に大きな差が生まれます。中には黒ず

んでしまうフィルムがあったり、洗車しても汚れが落ちないフィルムも存在しています。

クリアシールドは水洗いをするだけで汚れが落ちるコート(AKAトップコート)を標準採用し、ポリマー加工を施した塗装表面のような防汚性、光沢性を持ち

合わせ、誰でも簡単にお手入れすることが可能です。

> 夏の強い日差しや、朝、夕に正面から来る眩しい太陽光はドライバーにとって非常に不快に感じるものです。

サングラスは眩しさを防ぐことはできますが、暗さにより瞳が大きく開かれているため隙間から入った紫外線を多く吸収してしまいます。また、サンバイザー

は補助器具ですので視界を狭くしてしまい、カーブが続く道路やトンネルが多い高速道路などではかえって危険な場合もあります。

フロントガラス用「グラデーションサンシールドフィルム」はこのような正面の光から目をやさしく守り安全運転をより確かにする商品です

 

上段 : 従来プロテクションフィルム
下段 : ソーラーガード クリアシールド

 

クリアシールドの基本構造

1. 衝撃緩和接着層 (50μ)
厚みのある再剥離性接着層により、飛び石の衝撃を和らげます。  また、紫外線を99%遮断し、塗装面を有害紫外線から保護することが可能です。

 

2. 衝撃緩和ウレタンフィルム (150μ)
一般的なカーフィルムに比べ、6倍の厚みを持ち合わせるウレタンフィルム。洗車傷・飛び石などによるダメージから塗装面をしっかり保護します。

3. AKAトップコート (耐劣化・防汚・光沢維持コート)
クリアシールド施工直後の状態を長期間維持する為に必要なトップコートです。フィルム表面に付着した汚れを水洗いのみで除去することが可能であり、ポリマー加工を施した塗装面のように日々の手入れが簡単になります。

※コートについて : トップコート表面に過度な傷がついた場合、防汚性が弱くなる可能性があります。この場合、フィルム表面へメンテナンス液を塗布し、防汚性能を戻すことが可能です。詳しくは、当店へお問い合わせ下さい。

クリアシールド参考施工例

※上記例以外にも施工が可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

クリアシールド 技術者育成トレーニング

日常的使用において増え続ける ゛洗車傷“から高速走行時に飛来する ゛飛び石ダメージ”などを幅広くガードするクリアシールド。このフィルムは「3次曲面パーツ」に貼り付けする特性上、「高い技術力」が要求されることになり、独学で技術を習得することは現実的ではありません。
当店ではソーラーガード本部で、本場アメリカの技術を「学科・実技」に分け受講し、技術者育成トレーニングを終了しております。

 

施工例

施行前
施工中
施工後

 

 

 

価格表

プロテクションフィルム ドアノブ一ヶ所 ¥3,675
ステップ一ヶ所 ¥8,400~
ヘッドライト左右 ¥21,000

このページのトップに戻る