最近のカーフィルム施工!!

本日ご来店くださったお客さまは、当店の常連のお客さまと同じ職場の方!

 

 

 

車種は違えど、同じ黒い車両なのにどうしてそんなにきれいなのかを聞かれ、その時初めて当店の事を知り、今日来てくださったということでした。

 

 

ご覧になられたのは、H23年式のトヨタ車で
去年の春にD-PRO type BPEVOを施工させていただいた車両です。

 

 

今回のように、実際にD-PROコーティング施工車両をご覧になり、興味をもってもらえたなんて、飛び跳ねたくなるほどうれしい出来事です。

 

 

 

愛車のきれい・快適についてお困りの方のお役に立てるよう精いっぱい施工させていただきますので、お気軽にご連絡ください!(^-^)

 

TEL 0577-35-9145

 

 

 

 

 

deco4おしらせdeco4

3月13日・14日の2日間、研修のため作業はお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 


国産車~輸入車まで、カーウインドゥフィルム施工台数2,000台以上!!
実績あるプロショップです!!(^-^)

 

 

 

世界中の重要政府機関や建造物に施工され続けるソーラーガードウィンドゥフィルム。
世界各国の過酷な地域でも活躍するソーラーガードは、数多くの試験を繰り返される安心のフィルムです。

 

 

飛騨地区唯一の「ソーラーガードフィルム施工認定店」である当店は
視認性バツグンのカーウィンドゥフィルムを、自信を持ってお薦めしております。
実際にサンプルフィルムを貼ってみることも出来ますので、お気軽にご連絡ください(^-^)

 

 

 

 

※ %が低くなるほど、色が濃くなります。


 

 

 

 

 

 

 

車内を見られたくない。
特に夜、車内のモニターの明かりで透けて見えるのが気になる。
後部座席に乗る子どもがまぶしそうだから。
暑さをカットしたい。

 

 

 

などなど、カーフィルムを貼る理由は様々ですが
ソーラーガードカーフィルムなら、年中快適にお過ごしいただけます。

 

 

 

 

BMW320i

 

 

 

 

 

窓ガラスにフィルムが貼ってあるのと貼っていないのでは、イメージがまったく変わります。

 

 

 

 

 

BEFORE

 

 

 

 

 

AFTER
スタンダードフィルム/スプリーム8%施工

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーフィルムを貼ることで、今まで映り込まなかった景色が映り込み、こんな風に見た目もかっこよくなります。(^ ^)

 


 

 

 

 

 

 

TOYOTA クラウン

こちらも同じく、カーフィルムでイメージが変わってしまった車両です!


 

 

 

 

 

BEFORE

 

 

 

 

 

AFTER
高断熱フィルム/HPスプリーム4%施工(1番濃いタイプ)

 

 

 

 

 

BEFORE

 

 

 

 

 

AFTER

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車内からの見やすさと、耐久性には自信あり!
また、断熱効果も高いので、エアコンやヒーターも効果大!!


 

 

 

 

 

高級感も増しましたね!!


 

 

 

 

 

 

TOYOTA VOXY

 

 

 

 

 

 

純正フィルム施工済みですが、透け感が気になるとのことで
リアガラスには、スタンダードフィルム/スプリーム8%を重ね貼り!


 

 

 

 

 

BEFORE

 

 

 

 

 

AFTER
これで気になる透け感はなくなり、グッとかっこよさが増しましたね!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DAIHATSU タント

 

 

 

 

 

 

スタンダードフィルム/スプリーム8%を施工している所ですが
ご覧のとおり、視認性はバツグン!!

 

 

 

 

 

BEFORE

 

 

 

 

 

AFTER

 

 

 

 

 

これで外からは見られませんよ!(^-^)


 

 

 

 

 


 

 

 

 

ソーラーガードカーフィルムで、年中快適なドライブを~♪

ご利用いただいた皆さん、どうもありがとうございました!!(^0^)

 

 

~GO TO FIELD~
自分のフィールドへ行こう!

このページのトップに戻る