施工工程

●洗浄

1.足回り洗浄
まずは、汚れが多く付着しているホイール、タイヤハウスなどから洗い、ホイールのスポーク1本1本丁寧に洗いあげます。

2.ヒンジ部分洗浄
ドア・トランク・給油口など、見えないヒンジ部分も丁寧に洗浄します。

3.ボディー、細部洗浄
ボディに付着した泥汚れや埃など高圧洗浄機で良く洗い流します。また、目地など隙間に入った汚れも丁寧に流し細部まで洗浄します。

4.鉄粉、タール除去
洗車後、鉄粉除去剤・タール除去剤を塗布しボディ表面に付着した鉄粉や異物、タールなどをトラップ粘土、クロスなどを使って取り除きます。その後もう一度、専用シャンプーで洗浄します。

5.水分除去
ボンネット・ドア・トランク・給油工などの内側も綺麗に水分の拭き取りを行います。 また、隙間などに溜まっている水はエアーガンでブローして除去します。

6.ボディーチェック
専用の照明機器を使い、ボディーのダメージをより良く確認できるような環境を作ります。
研磨作業に入る前にボディチェック&膜厚計測します。
膜厚を計測することで、どこまで磨くことが可能なのか確認しながら作業することができます。よって、磨きすぎて逆にボディを傷めてしまうなどということも防止できます。
計測したボディー&膜圧情報はお客様車両情報として保管します。こちらはお客様のお車の状態を情報として保管することにより、今後のケア方法やおすすめ施工などをご提案させていただく際の参考にさせて頂きます。

●ポリッシュ(磨き)

1.マスキング
プラスティックパーツ、モール、ゴム類などをしっかりとマスキングします。コンパウンドの研磨粉がガラスや細部に入り込んだり付着しないようにマスカーテープなどで養生し保護します。

2.磨き工程
ボディーのダメージを除去するためにポリッシャーを使用し、塗面を研磨します。塗装状態、コーティングプランに合わせ、コンパウンドとバフを変え磨き込み、美しさと同時にコーティングの乗りをよくする為に最も重要で繊細な工程です。

3.細部磨き
ポリッシャーが入らない場所や隙間、エンブレムやロゴのふちなどの汚れを手作業またはミニポリッシャーで磨き、隅々まで綺麗にします。また、バンパー、サイドステップの下に付いたシミ・傷なども鏡を見ながら丁寧に仕上げて綺麗にします。

●コーティング・仕上げ

1.脱脂洗浄
コーティング剤の密着性を良くする為にコンパウンドなどの残留物を専用洗剤で洗浄し脱脂します。エアーブローをしながら完全に水分を除去し乾燥させます。

2.コーティング剤塗布
専用スポンジで塗り残しの無いように丁寧にコーティング剤を塗布し、コーティングの種類別に乾燥時間を置いたのち拭き上げて仕上げます。コーティング時間は早すぎても遅すぎてもいけませんので、コーティングの種類により タイミングを見ての作業となります。

3.室内清掃又は簡易ルームクリーニング
コーティング終了後、室内のゴミやホコリを掃除機で除去しダッシュボード、パネル、窓ガラス等を綺麗に吹き上げます。

4.タイヤワックス塗布
最後にタイヤワックスを塗布します。専用タイヤワックスを塗布することにより、引き締まった足元になります。こうすることでボディとのメリハリもつき、お車全体をより一層引き立てます。

5.最終チェック
最後、もう一度ボディ全体を確認し、お客様に伝達事項などがないか、やり残しがないかどうか最終確認をします。

6.完成
作業終了です。
奥行きのある艶、周りの景色が鮮明にボディーに写りこみ目を奪われることと思います。そして愛着も一段と増して行くことと思います。
このように下処理からコーティングまでの工程をご紹介させていただきましたが、コーティングまたはご覧の作業でのご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。
最後までご覧頂き有難うございました。

このページのトップに戻る